暑い一日、汗をかいたぶん、感動は増えてゆく

昨日は松戸献灯まつり。
あちこちで生でやってきた。
過去の点が輪郭を描くーー
d0046823_981774.jpg

半端じゃない暑さ、ギラつく西陽。
汗が止まらず熱中症寸前。
鼓動も早鐘を打ち、倒れる寸前、コンビニに駆け込み涼を取る。
d0046823_981578.jpg

復興市と名付けられた会場もちょっと外れにあるタフな環境。

しかしやることは変わらない。
12年前、孤独を抱いて座った、クソ寒いニューヨークの
路上パフォーマンスを思えば楽勝だ。
そして夢はそこで生まれるのだ。

7年前、拙書「流されず流れてゆく」をリアルタイムで
購入してくれた方が長い年月を越えて来てくださった。
歴史の証人と感動の出会い。初めてと思えぬ語らい。

そしてまだ表参道の路上でやっていた頃に
書いた人との10年ぶりの再会。
当時18歳の女の子がたおやかな素敵な女性となって現れた。
あれから10年、当時書いた作品を今も飾ってくれいているとのこと。

この日は実家の福島県富岡町のお母さんと一緒に来てくれた。

富岡は警戒区域、一時帰宅で帰った故郷は
帰り住むことの出来ない悲しい現実を突き付けられる。
俺は理不尽と憤りと繋がりと願いを胸に
家族7人の名前を入れた詩を紡いだ。
d0046823_981129.jpg

一丸だ、一心だ。
お互いに涙を禁じえない再会。
しかし最後の笑顔に未来を描く。

ほかにも、実に本気な人間交差点。
書いた人数じゃなく、本当に濃密な三時間だった。

千葉の素晴らしい仲間、金光社長、田中さん、三好さん、
ありがとうございます、この場を借りて深謝。

このイベントに呼んでいただいたハワイの朝日のような山川さん、
永遠の不良少年・勉さん、本当にありがとうございました。

会場にはスタッフ300人強の「One Heart」Tシャツが溢れ、心を繋ぐ
d0046823_98768.jpg


終演後、大船渡の大漁旗揺れる夜空を見上げる。
d0046823_975782.jpg


8月9日、暑い夏の一日。
d0046823_961423.jpg

東北に、長崎に、表参道で仰ぎ見た10年の年月に。
見上げる空はつながっている。
by rodeo1018 | 2011-08-10 09:34 | Comments(4)
Commented by 永遠の不良少年・勉 at 2011-08-11 06:24 x
こうじさん はるばる松戸の地までお運び頂きありがとうございます。ブースの場所。。。うんうん タフな環境(笑)!!。 今回、このご縁が色々な輪を生んだ感じがしてます! これからもどーぞよろしく!!
そして お疲れさまでした!! Ben
Commented by koji at 2011-08-11 10:55 x
はい、縁が生まれ、繋がった一日でした。
豪快にグラスに氷を入れて飲む日本酒の宴も楽しかったです。
お世話になりました。
松戸、好きです。
Commented by ひろりん at 2011-08-11 18:19 x
松戸献灯まつり 頑張って行って良かったデス。リアルタイムで本を購入したツレは、会えて感激・日記でふれて頂きさらに感激していました。甲子園に行った息子は応援空しく負けて、帰路途中。・・全てはまたこれから。高野サンに会い、そう思えるきっかけになりました。空はつながっている。必ずまたどこかで★
Commented by koji at 2011-08-12 11:01 x
暑い中、ありがとうございました。
おかげさまでいいスタートを迎えられました。

高校野球、私も応援しました。
逆転のチームですからね、まだ終わっていません。
この夢はさらに強固となって続いてゆくでしょう。

一生懸命さに熱くなる喜びをもらいました。

この空の下、またどこかで。



<< 時間は成熟と同じだけ新鮮さを育... 「初めて」という高揚感と「信頼... >>